小汚いオカマ日記

当ブログでは『オカマ』という単語を使いやすさの都合上、本来の意味での「オカマ」とは別の多義語として使用しています、ご注意ください。

何故オタクはイキってしまうのか

 皆さん如何お過ごしですか。久しぶりのブログ更新となりますが、私はと言いますと去年の12月から婚約者の住む栃木に引っ越しをして就職活動を始め、4月のはじめから宇都宮の企業勤めが始まり、5月に相手の家の田植えの手伝いをしたり両親同士の会合のセッティングをして、7月に同棲してる家に帰ったら家財が殆ど引き払われている状態で婚約者から一方的な婚約破棄を伝えられました。


 このことについて、話をしようと思えばそれはもう無限に書き込みをすることができるのですが、法曹関連が絡んでいるのでネット上では書けません。Twitterに当時大量にパニくった状態の書き込みをしましたが、大人の事情で削除させられました。Togetterまとめに魚拓が取られているので読みたい人は読んでみてください。たまたま法学部だったことが幸いして、内容証明郵便とか全部自分で書けて良かった(良くない)

 

 大学生時代、「法学部は就職のために入って、出来れば実生活で学んだことを活かさない人生が良い」バツイチの教授が暗い顔で言っていましたが「なるほどね」と身を持って体験しました。

ヌクモリティって単語、中学生以来に見た気がする。

 「インターネットこれ訴訟起こしたら勝てますよ・○○罪に当たりますよ」マンはてなブログにもTwitterのリプライ欄にも大量に発生する害虫ですが、何も無い知識で物事を語るのは本当に止めたほうがいいと思います。世界は法律の文言そのままに出来てません。そんなわけで、栃木に残る理由も無くなったので第2新卒を使った会社も辞めて実家に帰ってきました。悲しいね。

インターネットミーム

 最近(でもない?)、やたらとTwitter「イキりオタク」という単語を目にします。現在のインターネットミーム「インスタ映え」「5000兆円」「白ハゲ漫画」「メモ帳スクショ」あたりが流行中でしょうか。新しい(?)ものだと「ガイジ」「お気持ち表明」は浸透したように思います。古いものだと真夏の夜の淫夢用語なんでも実況用語あたりは元ネタを知らずに使っている人もいるのではないでしょうか。

 ちなみにイキリオタクの「イキり」の語源は「粋がる」ですが、元は「自分に酔う、独りよがりになる」という意味です。今回ブログを読んでもらう中でも概ねその理解でいて頂ければ幸いです。

「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫)

「いき」の構造 他二篇 (岩波文庫)

 

 「運命によって“諦め”を得た“媚態”が“意気地”の自由に生きるのが“いき”である」

(超要約すると粋がるって野暮だねーみたいなことが書いてあります)(せっかく広告を貼ったのに要約しちゃった…)

今回の趣旨

 インターネット・コミュニケーションに今まで生きてきた20余年をドブボチャしてきた自分としては、「イキりオタク」(と現在ではカテゴライズされるオタク)はインターネット黎明期から存在していて、SNSが完全に普及した現在ようやく1つのワードとして確立されたように思います。

 そこで、今まで見てきたイキりオタクを大別して、それらの共通する傾向を考えていきたいなと思います。ブログで女装や紙切れ遊び以外のことを書いたことが無かったのと、再びの無職ということもあって脳トレが必要に感じたので今回も頑張るぞい(インターネットミーム

4大イキリオタク

 1.中~高学生のDQN系アピール

 多分この人が一番有名なんじゃないでしょうかbotにされてて可哀想)

たまに無意識に手が血で染まっているケースもある

 この2つが1つめのカテゴリー、DQNアピール」です。 大まかに「ラルキさん」「もう1人のボク」がいます。

f:id:himoque:20170828221042j:plainf:id:himoque:20170828221400j:plain

実際意識がない間に他人に怪我を追わせてたら本当に怖いと思う。

 過去の記事でも書きましたが、俺の中学時代は城之内にボコられる武藤遊戯でした。結局俺にとっての城之内たるサッカー部の飯野(仮)は、遊☆戯☆王の城之内くんのように更生することはありませんでした。

f:id:himoque:20170828222013p:plainf:id:himoque:20170828221814j:plain

お前誰だよ

過去の記事です

 やはり中学時分、悪ぶりたいのだと思いますが、本当のDQNSNSに進出した現在にもなると、オタクと彼らはそもそも全く交わることのない、違うタイムラインを生きているので存在そのものが嘘であることが分かってしまいます。悪ぶりたいというよりも、SNSアニメアイコンを使うような『オタク』というコミュニティの中でも自分は上位の存在、単なる『オタク』ではない(文字列にすると面白い)ことを周囲にアピールして、それが通じるものだと考えているのだと思います。

f:id:himoque:20170828224136p:plain

この人は全然DQNとかじゃないけどこういうbioとアイコンのアカウントっていう印象

(誰だか分かんないけど晒してごめんなさい)(オタクだからDQNが見つけられない)

 僕の中学時代は、部活動以外には誰も口を聞いてくれない2年間と、常にサッカー部の飯野(仮)からの暴力の恐怖に縛られていたので、当時SNSが存在していたら、憂さ晴らしに「もう1人のボク」を生み出していたのかもしれません。

 2.謎万能設定(+嘘松さん)

f:id:himoque:20170828230101j:plainf:id:himoque:20170828230114j:plain
 その才能をSNSのツイート以外で活かしてほしい

 このbot本当に好き

 これは……、何なんですかね?(思考放棄) 誰も信じてくれないだろうし、この自慢をSNS上に書くことに一切のメリットを感じません。結論から言うと、分かりません。(思考停止)

3.社会的地位ありますオタク

ブルーアイズ高卒ドラゴン

はてなブログがすごい伸びた人(悲しいことにブロックされたから知らなかった……)

 画像を見つけることが出来なかったのですが、この人も東大の院の学生証をアップロードしていたらしいですね。自虐風自慢ってことになるのかなぁ。

f:id:himoque:20170828233256j:plain

「心の中に云々」のところって、面白いと思って書いてるんですかね?

 そこそこのルックスと相手を魅了(以下略)

f:id:himoque:20170828233044j:plain

何が嫌なの? (偏差値62(?)の大学に通ってるらしいです)

 他にも色々あったんですが、大半がツイート削除済みで魚拓ばっかりでした。とりあえず、あまりの臭さに中学時代にサッカー部の飯野(仮)に頭を掴まれて押さえ付けられた便器を思い出しました。

4.俺ゲームまじTUEEEEE!イキり

 スポンサードプレイヤーになっても小市民を殴り続けるその姿勢が大好き(一番のファン) 

弱くても勝てるゲームやりたくねぇよ……

f:id:himoque:20170828234813j:plain

e-Sportsプレイヤーの意識、高すぎ…?

 この「パパーキャッキャッ」って最近再び使われるようになったけど面白いと思ってやってんすかね

イキりに至る心理を考える

1.DQNアピールと謎万能アピール

 俺はこれを見た時に「初カキコ…ども…」を思い出しました。おそらくは自分がカッコいいと思っている人間、もしくは自分より上位の存在に対する憧憬像を心のまま描写した結果ではないかと考えています。

 そういったイキり自体は昔から間違いなく存在しているはずなのですが、SNSという誰もが情報を簡単に発信できる時代であること、また周囲のオタクの様子をSNSアプリひとつ開くだけで見ることが出来るようになったため、より多くの他者との比較を簡単に行えるようになったということが大きいと思います。

 最古まで遡るなら土佐日記「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。」→「私女だけど、本来男性しか書かない日記、書いちゃってるwwwヤバwww」(超拡大解釈)です。紀貫之は男だけど、女を装って(?)書いてるので少し脱線ですが……

 万能アピールは本当によく分からないのですが、超個人的解釈としては、おそらく「羅列している社会的地位に掠る程度に該当している」ことをイキりの根拠として嘘松まで増長していったのか、もしくは自分のことを司波達也と勘違いしてしまった精神異常者(インターネットミームなのか……、自分では行動を起こせないオタクの自己投影なのか……

 いずれにせよDQNアピールと変わらず、他人とは違う自分を強く前面に押し出したいのだと思います。

2.社会的地位ありますオタク

 これは俺も過去にやってしまった経験があり、大学を出て希望の会社に就職した後に「留年は甘え」だとか「俺は会社の家賃補助だけで神楽坂に住んでいる」だとか大いに喧伝し続けた結果、ツイッター村八分になって、当時オフで会ったことがある人を含めて100人以上からブロックされました。その後半年ほど間を開けてからアカウントを作り直し、「あの時は本当にすみませんでした」と頭を下げて何人かは交流を再開してくれました。

 だから分かるんです。

 今まで何も持っていなかった/もしくは光を浴びることの無かったオタクが社会に出たことで自身に高い価値があると勘違いした結果、自分より社会的に下だと認識した人間に対して攻撃を始めるパターンです。断言します。

 オタクはダンゴロムシのように日陰を生きてきたため、少しでも自身に価値を、それも社会的に承認され得るモノサシのある新卒/学歴などの根拠を得た瞬間にイキってしまうのです。

 高校デビューならぬ、新卒デビューです。この背景には、サッカー部の飯野(仮)に暴力を振るわれた過去や、今まで社会の明るい側に所属出来なかったこがあり、つまり暗い人生の裏返しなのです。 

3.ゲームイキり小僧

 単純に痛いです。考えられるバックグラウンドとしてはゲームという「社会では評価されない項目」においてイキり続けているところを見るに、実生活に漠然とした不安があって(例えばフリーターや非正規であったり)精神的に抑圧・不安を抱えていたり、責任ある立場に立ったことがないため他人に対してどこまで踏み込んでいいのか分からない、すなわち「相手の気持ちを考えられない人間」が、不安から来るストレスをゲームコミュニティ上で撒き散らしているのではないかと思います。

 キリトくん並にゲームの中で強くても、ライトノベルのように社会的評価は得られませんからね。

f:id:himoque:20170829005628j:plain

そうですか。

f:id:himoque:20170829005325j:plainf:id:himoque:20170829005417j:plain

ラーメン屋の店長みたいで面白いと思った。

それぞれのイキりオタクと共通点

 ここはズバリ一言で「満たされていない」に尽きます。飢えているのです。周囲からの承認にせよ社会的な不安定さにせよ長い長い日陰生活にせよ、精神的に「満たされていない」、たったそれだけだと思います。

 この結論に行き着いたのは、もちろん様々なイキりオタクを見てきた帰納的な答えとしてももちろんあるのですが、自分が「こいつ人生充実してんなぁ」と思った人間がイキっている姿を見たことがないという「逆もまた真なり」(言いたかっただけ)という経験もこの結論に逆から辿り着く根拠になったと考えています。満ち足りているなら、様々な事象が自分の中で完結するのです。そこで、「こいつ人生充実してんなぁ」と思った人間の話をします。

真に充足している人間:ドイツからの帰国子女、大学の友人ドイツくん

(ここから「ですます」じゃなくなります)

 大学に入学して1年経った2年時、特に法学部の友達など出来ないまま「必修」の語学の楽単と言われていた中国語を取ったら、2年生が俺を含めてたったの2人で残り全員1年生に囲まれて「あ…… あ……」と千と千尋カオナシ状態になっていると「2年、俺たちだけだね~」と苦笑いしながら2人席を指差して、気さくに声をかけてくれたのがドイツからの帰国子女くん(以降ドイツくん)だった。

 

 その後の中国の授業中は全て、ドイツくんはひたすら法律の勉強を、俺はスマホツイッターをするという状態で、おそるおそる「どうしてそんな勉強してんの?」と聞いたところ「弁護士になって独立したい」という話だった。

 中国語のテスト前に「これ、後輩から貰ってきたよー」と過去問をプリントアウトしたものを渡してくれて「これだけやれば満点取れるから、別のやりたい勉強に時間充てようぜ!」と言ってくれた。おれはそれで浮かせた時間を全てツイッターに捧げ、2人で満点を取った。(過去問と丸々同じ問題が出た)

 別に義理も何もない、俺に何かしたところでプラスもないはずなのに、どうしてこんなことまでしてくれるんだ?と最初は疑っていたのだが、単純に良い奴なんだろうと自分の中で自分を納得させていた。語学の授業が土曜の午前ということもあり、そこから学食へ一緒に行ったりして少しずつ仲良くなった。(いつも彼は別のコミュニティで飯を食べているが、そもそも土曜通学者が少なかった)

 

 そんな年度末、語学の授業中にテスト勉強が煮詰まってしまった俺が「刑法ちょっと分かんねぇんだけど…」と言ったら、授業が終わった後の教室でテストに出そうなところを教科書を開いて板書しながら教えてくれたり、「テストお疲れ様の宅飲み来ない?」と誘われて(俺は他に法学部の友達など居ないから躊躇したけどせっかく誘ってくれたので)行ってみたら宅飲みじゃなくて半分立食パーティだったり、そこでドイツくんのお父さんはドイツのデッケェ会社の役員で、お母さんは資産家の娘さんであることを知ったり、この大学は幼稚舎の関係で通っていること、その後のドイツの高校在学中に射撃部で何かよく分かんない賞取った盾が置いてあったりして、その時に俺は「あぁ、これが本当のリア充なんだ…」と思った。

 

 そんな彼の趣味はFacebookを見てみたところアンティークの歯車時計のメンテナンス(何それ?)だった。車はお父さんから貰った外車に乗っていた。ちなみに顔は普通にカッコよくて俺の好みのタイプでした。彼女は大学の途中までいたけど「大学院入試の方が今の自分にも今後の人生にも大切だ」と別れたりしてた。

f:id:himoque:20170829013334j:plain

アンティークの歯車時計(おじいちゃんに貰った大切なものって言ってました)

 

 そしてドイツくんは法科大学院入試で別の大学へ高飛びし、今は弁護士をしている。ちなみに冒頭に書いた『婚約者から一方的な婚約破棄を伝えられた in 栃木』の時は数年ぶりに連絡を取って、これまた数年ぶりに「刑法ちょっと分かんねぇんだけど…」と相談をして、様々なアドバイスと弁護士依頼にせず自分で出来る文書作成のフォーマットを送ってくれたり、その後に「本当に辛いだろうけど、良い方向に転がるように願ってます」とメールが送ってくれたり、正直ファンタジーの存在が本当は実在するということを知って(?)冷蔵庫も明かりも無い暗い部屋でボロボロ泣いてしまった。

充足するとは自分の中で完結すること

 そんな彼が「俺の実家スゲーんだぜ?!」と自慢しているところを見たことは一度もない。そんなことをする必要がないのだ。何故なら実際にドイツくんの実家は客観的に見てスゲーんだから。趣味がアンティーク歯車時計のメンテナンスってなんだよ。俺人生で初めて見たよその文字列。おじいちゃんから貰った大切なものって千年パズルかよ。

 こんな人間からイキりが出るわけがない。イキるまでもなく、周囲から確実な評価を得ているし、家に金銭面の不安もなく、将来もある程度約束され、仮に問題が発生してもその能力で乗り越えるだろう。全て、自分という領域の中で完結しているのだ。 

では逆にイキりオタクは?

 そこで先程導き出した結論である「満たされていない」が出てくる。もちろん人間誰しもそれなりの飢えがあり、欲もある。その程度が大きい人間が、イキってしまうのだ。オタクかどうかは関係ない。ただ、満たされない人間にオタクが多いだけなのだ。

f:id:himoque:20170829014605j:plain

オタク経済輪廻ガチ勢

 中学時代に便器に顔を押し付けられたからこそ、俺は社会人になってイキってしまったし、その時から多少なりの経験を積んで少しは精神的に成長したかも知れないが根本は変わらない。

 目立ちたい俺は凄いお前たちとは違う、中学時代に俺を殴った飯野(仮)や、殴られる様子をニタニタ笑った女の顔が忘れられない、家財を持ち出されて一方的に婚約破棄されたことも、栃木に引っ越してまで使った第2新卒も、そういった満たされたい思いと様々な暗い感情が繋がって、今回だってこんな記事を書いている。

 オタクを叩く自分がカッコいいのだと、お前たちとは違うのだと、心の何処かで思っているから、こんなインターネットの片隅でイキって声高に「イキりオタク」を分析している。叩いている。

大きな火事になる前に

 イキりオタク、そして他人のリプライ欄をFF外から失礼する人間に、イキってボヤを起こした先輩から少しだけアドバイスをする。

①「満たされていない」の解消方法を考える

 オタクに限らず、人間は多かれ少なかれ「飢え」を抱えている。それでも皆が皆、SNS上にしろリアルにしろ、それなりの解消方法を持っている。それが飲酒にせよ、スポーツにせよ、カラオケにせよ、映画鑑賞にせよ、ソシャゲにせよ、それぞれの社会的評価は様々だが無限の手段がある。

 「イキり」「飢え」最悪の解消方法の1つであり、何ももたらさないどころか、自分の評価を底まで落とし、続いていけば友人(次に挙げるが所属コミュニティ)まで失ってしまうものなのだ。

②自分の身内に対してイキらない

 インターネットもリアルのコミュニティも関係なく、周囲の人間に不快な思いをさせない。結局のところ、ネットであれリアルであれ、自分の所属しているコミュニティの人間だけでも最低限気を配ればムラハチ!を回避出来る。結局、拠り所となるコミュニティが無いと人間は生きていけない。 

③自分のプロフィールをメモ帳に書き出す

 学歴、職歴、資格、過去に取った賞etc...並べてみて、「自分が他人より優れている」と自信があるなら、その分野で頑張れ。

 俺は新卒時のサイコパス激詰め上司に「GOサイン」を貰うために経理マニュアル作成のために通った社用文書作成講座で教えられたことを実践して、分かりやすい文章を書くことについて承認されたくて……、遂にこのブログもwikipediaを超えた!!!!!!!!!!

 『女装』の検索結果がwikipediaを超えました(照)

 「文書作成」「オカマ行為」、この2つは他人に対する優越感を持っている。だからこんな場末のインターネットに文章を投じているし、20代も終わりに差し掛かる中でロリータ服のコーディネートやメイクを必死に考えている。

終わりに

 また無職になっちゃったのに別に広告も貼れないような記事を衝動的に書いてしまったのは、最近あまりにもイキりオタクが多すぎるからもあるんだけど、家財持ち逃げから自分の気持ち的にはもう立ち直って笑い話に出来るくらいになってたはずなのに、どうやら身体と精神はまだ立ち直れていないらしく、事が起こって1ヶ月経った今更10円ハゲが出てきたり、帯状疱疹が吹き出して来ちゃったりして、お医者さんから「完全にストレスなんで家で静かにしてなさい」と言われて暇すぎたからです。

f:id:himoque:20170829020307j:plain

不幸自慢くらいさせてくれ。俺は限界なんだ!!!!!!

お家帰ったら冷蔵とか炊飯器とか全部無くなってた(照)

 

 今回の学びは「婚約や同棲に不安を感じたら逃げたもん勝ち」です。訴訟を起こす側に証明責任があるのは言うまでもないですが、精神的不安弁護士費用裁判を起こした後の時間的拘束、そんでもって結局勝訴しても100万前後しか取れません。(もちろん、その内の1~2割は弁護士に行きます)

 「インターネットこれ訴訟起こしたら勝てますよ・○○罪に当たりますよ」マンさん、本当に止めたほうがいいというか、自分から馬鹿公言してるようなものなので、俺の女装痴漢記事とかにも湧いてて昔から気分悪かったんですが、今回は本当にイラっとしたので次はお前を狩る。(レクサーくん風)

 

これでまた1つライフハック記事が書けそうですね。おわり。

最後に面白かった漫画の広告適当に貼っとんで…

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 34 (ジャンプコミックス)

 

 あと俺の欲しいものリストも貼っとくんで…


おわり。